FF14 ラバナスタに行ってきた

懐古シリーズ最新作「リターン・トゥ・イヴァリース」第一弾の「失われた都 ラバナスタ」にヒーラー初見で行ってきたよ。
24人レイドはカジュアルコンテンツなので、難易度マイルドで初見でもラクラク…なんてことはなく、死屍累々、ギブアップ投票連打、強制退出、メンバー補充となんでもありのデスマッチが繰り広げられた。

1ボス

1回窒息死したくらいで後は平和だった。窒息はなんか雑魚を倒した時に出る泡みたいなのに入ると大丈夫になる(適当)後は流れで。

1ボス~2ボス間

チョコメテオで死んだ

2ボス

避けられない攻撃と避けないと死ぬ攻撃ばっかりで地獄だった。
エリア外から直線攻撃してくるやつが最後まで避け方わからなかったんだけど、どうやらボスの腕が燃えている方だけに攻撃範囲が発生するって後で調べたら書いてあった。よくわからん上に食らったらデバフついて即死なんで、これがきたら人が半分くらいになってた。
あと、どっちに倒れるのかわかりにくい柱(即死)人数減ってる所に無慈悲な頭割り(即死)。頭割りは後半諦めてみんな一人で捨てに行ってた。
何回ワイプしたか数えてないけど、ワイプする度にギブアップ投票が行われて否決されていた。僕はちょっと一旦トイレに行きたかったので賛成していた。

3ボス

2ボスと比べると随分楽な気がしたけど2回ワイプして1人除名された。1回目は暗闇ギミックでわからん殺し、2回目はデーモンを倒しきれずに強制ワイプ。そこ以外はかなり余裕のある避けゲーだった気がする。

4ボス

まず出てきた時笑った。FFTプレイヤーは是非見てほしい。
ギミック色々あるけど即死はしないのでワイプなしで倒せた。
神の啓示はわかりやすく指示が出るし間違えるやつおらんやろ…と思ってたら、真の神と偽りの神があったらしく、間違えたことにも気付いてなかった模様。まあ即死しなかったしなぁ…。
あとは中盤に出てきた「虚無の結晶」、おいおいこれどうすんだ…と思ったら、ただ攻撃して壊せばいいDPSチェックだった。

そんな訳で

幾度となく行われるギブアップ投票と除名、離脱、メンバー補充を乗り越えてなんとかクリアー。いやー面白かった。
そしてクリア後のストーリーがまた面白い、これはFFTの続編なのでは?ってファンが松野さんに聞いちゃうのもわかるなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です