アライアンス・アライブ レビュー

最近やったゲームから遡ってレビューを書いているので、そろそろ記憶が怪しい領域になってきた。
そんなあやふやな感じで、プリクラ屋が作ったRPGこと「アライアンス・アライブ」のレビューをやっていこう。
何を思ったかフリューがオリジナルRPGに参入し始めて3本目のソフト。このご時世にコンシューマでオリジナルRPG出すなんてやるじゃないかと思って全部買ってるけど、レガシーとカリギュラはまぁ、イマイチだったかな…。
しかし3度目の正直、フリューくんはRPGファンにオススメできるようなゲームをリリースしたことをお伝えしよう。
1周クリア済み。

シナリオ

メインだけ追うとかなり王道、裏設定がかなり散りばめられていて、この世界に入り込めば入り込むほど面白い。感動…とかはそんなでもないかな。世界観がとにかくしっかり作り込まれているのと、キャラクターの魅力がそのまま話の面白さに繋がっている。

システム

戦闘

戦闘、面白い。レガシーみたいな防戦ゲーじゃなくなってるし、雑魚はそんなに時間かからないけど水魔との戦いは良い感じにヒリヒリする。所謂ロマサガの閃きにあたる覚醒もテンション上がる。閃きシステムは発明だよなぁ…。ゲームバランスかなり取れていると思うんだけど、中盤の武力調停さんとラスダンのザコ敵があまりにも強い。ラスボスは弱い。
このゲーム、キャラクターの素のステータスがかなり大事で、最初ワンコに前衛させてたんだけどバルバローザに変更したら性能が段違いで笑った。イグナス、腕力低すぎ。

ギルド

ギルドシステム、使いこなせてなかった気がする。
1周では集められるギルド員が足りなくてコンプできない…というか、このゲームはコンプできない要素が多すぎてコンプ厨発狂ものである。

成長要素

ポジションごとに技が成長していくのでプレイスタイルによって全然違う成長をして楽しい。キャラ性能は素ステによるところが大きいけど、ステータス補正のある装備が多いので装備選びもなかなか楽しい。

フィールド

フィールド探索要素が結構なウェイトを占めている。ギルド員の勧誘など細かいイベントが結構あって探索しがいがある。海に出た時に自由に移動できるのも最近ではあまり無い気がするのでよかった。しかし、海に出た途端に水魔が襲いまくってくるのはびびった。

キャラクター

アラアラはキャラクターの魅力がすごい。なんていうか、全員一言多いし、ネジが何本か抜けてる。先頭にしているキャラクターによって会話が変わったりするので色々試したくなる。

ガリル

このメンバー唯一の常識人で、影が薄い。

アーシェラ

ガリルより肝が座っている。うちではサポートポジションで回復印術を主に使わせてた。

レンツォ

よく覚えてない。

バルバローザ

ゲームデザインの小泉今日治さんがツイッターアイコンにしてたのでその印象が強い。ガードポジションで盾振るわせてた、腕力がハチャメチャに高いので盾で殴ると相手は死ぬ。

ジーン

眼鏡をかけている。

レイチェル

頭が悪そうな女。弓は全体技が多くて便利だった。

ビビアン

頭がおかしい魔族の女。柔らかい物腰で狂ったことを口走る。しかし、こいつの頭がまともだったらこの物語は動かなかった。ティギーに甘いのも良い。片手剣と魔術使わせてたんだけど、魔術は思ったより威力伸びなくて使いにくい印象だった。

イグナス

ビビアンのワンコ。

ティギー

言動のおかしい幼女。可愛い。行動力・決断力に優れていて、ほぼティギーとビビアンがストーリーを動かしていた気がする。戦闘面も頼りになるけど、アヒルが可愛くないので降りて戦えてもよかったかな…。

ロビンス

うるさいペンギン。イベント中に割り込んできて、どうでもいいことを叫ぶので本当にうるさい。

武力調停さん

何かと武力調停しようとしてくる。

サウンド

単体で聴いたらわからんけど、ゲームとはあまり合ってないように感じた。BGMに関していえばレジェンドオブレガシーの方が好き。

やり込み

2周目引き継ぎ要素が結構多いけど、あんまり強い敵がいないしクリア後に挑戦できるダンジョンとか裏ボスとかもない。強いて言えば水魔の巣窟で連戦してボスに挑むのがやり込みかな…?

そんなわけで、よくこれだけ思い出せたなという感じで、アライアンス・アライブは、買って大丈夫なやつです。

あとなんかこれめっちゃ安かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です